排卵してない

排卵障害と食事の関係について

排卵障害と食事の関係について

排卵障害で悩んでいる女性は食生活が原因の可能性があります。

人間の体は食事の栄養によって動きますが、変な物を食べてしまうとそれが原因で病気も起きてしまいます。

これから排卵障害の原因となる食材として

・トランス脂肪酸

・チョコレート

・その他

この3点がありますので説明します。


articlbottom

トランス脂肪酸について

トランス脂肪酸とは油の一部が変化したものを言います。

ただ自然と変化したものと人工的に変化したものがあり、人工的のほうが排卵に悪影響を与えてしまいます。

トランス脂肪酸は植物油を加工する時に勝手にできてしまうんですね。

このトランス脂肪酸は体内で代謝することが難しく、血中の悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

その影響でホルモンバランスが不安定になり排卵障害が起きてしまうんですね。

また卵子の質も低下します。

トランス脂肪酸を多く含む食材としてマーガリンが挙げられます。

トーストに塗って食べている人も多いでしょう。

外国ではマーガリンが有害とされています。

その他にも生クリームやショートニングにも含まれています。


articlbottom

チョコレート

仕事の合間や疲れた時に食べるチョコレートは美味しいですよね。

チョコレートが大好物という人もいるでしょう。

信じられないかもしれませんが、チョコレートも排卵障害を起こす可能性があるんですね。

チョコレートには植物油脂が使われており、トランス脂肪酸が含まれています。

また糖分を摂り過ぎることでも排卵障害が起きてしまいます。


articlbottom

その他

上記で紹介した食材以外にも冷たい食材全般は排卵障害を起こしてしまう危険性があります。

あついラーメンを食べると体温が上がり汗が出ますよね。

これと逆で冷たいものを食べると体温が低下します。

体温が低下すると血行が悪くなり生殖器官の働きを悪くさせてしまいます。

これにより卵子が成長せず、排卵障害になってしまうんですね。

気温が高い時に冷たいものを食べるのは問題ないですが、気温が高くない時はなるべく避けたほうがいいでしょう。


articlbottom

排卵障害と食事の関係のまとめ

排卵障害と食事の関係について

・トランス脂肪酸

・チョコレート

・その他

この3点から説明しました。

このように食材によって排卵を悪くさせてしまいます。

その逆に良い食材なら排卵がスムーズになります。

排卵を良くする食材としてレバーが挙げられます。

レバーには葉酸が配合されており、血液の量を増やしてくれます。

またリラックス効果もあるので生理不順の原因であるストレスを軽減してくれます。

また糖分は排卵に良くないので、食事前に野菜を食べることで血糖値を抑えることができます。

articlbottom
PageTop
inserted by FC2 system